【超初心者向け】「株式」と「株式会社」の仕組みを解説

株式とは何?株式会社の仕組みについて解説投資手法
スポンサーリンク

この記事は株式投資に興味があり、株式の仕組みについて知りたい方に向けて書いています。

「株式」って何?

ダンボくん
ダンボくん

「株式」とは企業が発行しているモノで、それを保有することでその企業のオーナーになれる仕組みです。

一般的に株式投資は値段が上がったり下がったりする博打のようなモノと認識されていますが、博打ではありません。

極端な例を言えば企業が成長すれば、投資していた方が全員利益を得ることもあり得ます。

この記事ではその魅力たっぷりの「株式」と「株式会社の仕組み」をなるべく専門用語を使わず、解りやすく説明致します。

この記事を読めば、株式投資の正しい知識と始め方がわかります。

株式と株式会社の仕組み

株式会社の仕組み
株式会社の仕組み
  • 株式(株)=出資者の証
  • オーナー=株主(出資者)
  • 代表取締役=会社の責任者

株式会社は会社を設立するにあたって出資者(お金を払って協力してくれる人、応援してくれる人など)を募ります。

その出資者に対して値段をつけた「有価証券」を買ってもらいます。これが「株式」と呼ばれるものです。

ダンボくん
ダンボくん

この「株式」を買った人(株主)が企業のオーナーになります。

また会社にはその会社を運営する人がいます。これを取締役と呼び、その中の代表が代表取締役となります。

ダンボくん
ダンボくん

その代表取締役が世間一般に認知されている社長にあたります。

つまりオーナー(株主)代表取締役(社長)は別物で「会社は誰の物?」となった場合、答えはオーナー(株主)の物ということになります。

ダンボくん
ダンボくん

中小企業では上場せずに代表取締役(社長)自らが出資しオーナーとなることが多いのでこの場合はオーナー社長となります 。

上場企業の仕組み
非上場企業の仕組み

上場とは?

株式を特定の証券取引所で誰でも自由に売買できるようにすること。

日本を代表する証券取引所として「東京証券取引所(東証)」が挙げられます。

上場していない場合は他人がその企業の株式を保有できない為、オーナー社長となる。

「株価」と「時価総額」

株価と時価総額
  • 株価=1株の値段
  • 時価総額=株価×発行株数

「株価」は需要と供給で決まる

株価は需要と供給つまり売り手と買い手のバランスで決まります。

  • 売り手が1,000円で売りたい
  • 買い手は900円で買いたい

これでは成立しません。

この場合

  • 1,000円で買いたい買い手がいる
  • 1,000円で売りたい売り手がいる

このケースで成立します。

例えば人気のライブのチケットがどこを探しても売り切れ状態などで手に入りにくい状態であれば定価より高い値段で売っていても買う人はいますよね。

逆に人気のないライブのチケットは売れ残りが多く、売り手は安くしてでも売りたいと値段を下げることもありますよね。

ダンボくん
ダンボくん

人気企業の株は高いということです。

「時価総額」は企業価値を表している

  • 株価×発行株数=時価総額

(例)1,000円の株を1,000株発行→時価総額は100万円

2,000株に発行数を増やした場合→株価が500円になります。

企業は出資してくれたお金を元手に物を売ったり、サービスを売ったり、技術を売ったりと利益を出そうと努力します。

当然、利益が多く出る会社は自己投資(新しい設備を導入したり人を雇ったり)して事業拡大を目指すこともでき、どんどん収益を上げられる為人気が出ます。

ダンボくん
ダンボくん

人気が出るとみんな買う為、株価も上がります。

つまり利益の出せる企業は時価総額がどんどん上がっていくことになります。

株式投資で得られる利益は「売却益」と「配当益」の2通り

株式投資で得られる利益の種類

株式投資で得られる利益は主に

  • 売却益(キャピタルゲイン)
  • 配当益(インカムゲイン)

の2つがあります。

買った株の値段が上がり、売却した場合の利益を売却益=キャピタルゲインと言います。

売却益の仕組み

保有している株数に応じて、企業から利益の一部を株主に配当や優待といった形で還元する会社もあります。

これを配当益=インカムゲインと言います。

配当益の仕組み

一般的に若く成長性のある会社は利益をどんどん自己投資に回し、収益を上げていこうとする為、配当は少なめか出さない企業が多いです。

逆に成熟した企業は自己投資する箇所が少なく、利益の伸びも少ない為、配当という形で株主に還元することが多いです。

売却益狙いのメリット&デメリット

メリット
  • 爆発時のリターンが大きい
  • 売買価格差で利益が決まる為解りやすい
ダンボくん
ダンボくん

稀に2~3年で株価が数倍~10数倍になることもあります。

メリット
  • 値動きが大きい為リスクも高い
  • 売却時まで利益は手に入らない
ダンボくん
ダンボくん

株価が暴落すれば半値になったりもします。

配当益狙いのメリット&デメリット

メリット
  • 株価より配当の方が計算が立つ
  • 受け取る度に利益が確定する
ダンボくん
ダンボくん

企業が利益を出し続けてくれる限り安定した配当を得られます。

メリット
  • 爆発的なリターンは期待できない
  • 株価変動分と配当益で利益が決まる為計算がやや複雑
ダンボくん
ダンボくん

高配当株と呼ばれるモノでも配当は株価のせいぜい3~7%くらいです。

株主優待が貰える株もある

「株主優待」とは金券やサービスの提供など、株主に対して配当金以外を還元する制度のことです。

単元株(100株や1000株など取引できる単位の株)を保有することで「クオカード」や「商品券」などを貰うことができます。

参考例
  • 日本航空100株保有⇒JAL国内線50%割引券1枚
  • イオンモール100株保有⇒イオンギフトカード3,000円分orカタログギフト3,000円相当
  • 大和ハウス工業100株保有⇒ダイワロイヤルホテル等で使える金券1,000円分
  • タマホーム100株保有⇒クオカード500円分

個別株投資の注意点

短期投資(デイトレードなど)については言及できませんが、長期投資なら企業の財務を十分精査する必要があります。

財務健全な企業であれば将来株価も上がることが期待でき、逆に財務に難のある企業は人気を失い株価を下げる可能性は高くなります。

ダンボくん
ダンボくん

倒産でもしてしまえば保有している株はタダの紙切れと化します。

投資する際には必ずその企業の財務の確認をしましょう↓↓

個別株投資よりリスクと手間を抑えた方法としては「投資信託」や「ETF」などのファンドを購入する方法があります。

※個別株とはトヨタやNTTなど一企業の株式のことです。株式を詰め合わせたものはファンドと呼ばれます。

まとめ

株式会社と株式の仕組み
株式会社の仕組み
  • 株主がオーナー
  • 利益を株主に還元
  • 社長も雇われの身
株式の仕組み
  • 株価は需要と供給で決まる
  • 時価総額はその企業の価値
  • 売買の差益はキャピタルゲイン
  • 配当で収入はインカムゲイン

株式投資は多くの利益を生み出すこともできる一方で、損する可能性もあるハイリスク資産です。

しかし、知識を持って自分のリスク許容度の範囲で投資することで落ち着いた資産形成が可能になります。

どのような投資先や手法があって、どのようなリスクに対してどのようなリターンが期待できるのか?知っていけば怖さも薄れていくでしょう。

今の日本はインフレを起こしている為、お金をそのまま放置しているとそのお金の価値が目減り(100円で買えてたモノが110円、120円となって)していきます。

投資をしない人はどんどん貧乏になってゆく世の中の構造になっているという事です。

そうならない為にも最低限の知識を身に着け、少額からでも投資を始めていきましょう。

個人的には個別株投資をするなら、安定した配当が得られる「高配当株投資」がオススメです。

これから投資を始める方にはこちらの書籍がオススメです↓↓

対話式で「投資とはなんぞや?」ということを解説してくれていて非常に解りやすいので初心者にとっても優しい設計です。

タイトルとURLをコピーしました