【超初心者向け】手間とリスクを抑えて投資を始める方法と大切なこと

手間とリスクを抑えた投資方法投資手法
スポンサーリンク

この記事は投資を始めたいけど、「投資にあまり時間をかけたくない」「リスクを抑えた運用がしたい」といった方へ向けて書いています。

投資って具体的に何をすればいいの?

こんな方向けに、最も手間がかからない&リスクも抑えた「投資の始め方」と「最も大切なこと」を解説します。

結論
  1. 証券口座を開設して
  2. インデックスファンドに
  3. クレカ決済で
  4. 毎月積立投資をする
  5. 最も大切なことは積立をやめないこと
前提条件
  • 投資のリスクを確認済みである
  • 証券口座は楽天証券orSBI証券を使用
  • 非課税口座 つみたてNISAを使用
  • 投資期間は15年以上を想定

※投資のリスクについては以下の記事を参考にしてください↓↓

証券口座を開設

  • 楽天証券orSBI証券を開設
  • つみたてNISA口座を開設

楽天証券orSBI証券を開設

まず初めに「楽天証券」か「SBI証券」に口座開設の申し込みをします。

どちらもネットでの申し込みで開設自体は無料で行えますので両方開設申し込みをしてもOKです。

どちらの口座も

  • 取り扱い商品が豊富
  • 手数料が業界最安水準
  • ポイント投資ができる
  • クレカ決済(月5万円まで)が可能

などメリットが盛りだくさんの人気証券口座です。

※マネックス証券も2022年よりクレカ決済が可能になった為「マネックス証券」も候補に挙がります。

「楽天カード」を使用している方は「楽天証券」を、「三井住友カード」を使用している方は「SBI証券」を開設すればいいかと思います。どちらも持っていない場合であれば作ることをオススメします。購入金額や資産残高に応じてポイントが貯まります。

ワンポイント

「楽天銀行」や「住信SBIネット銀行」を開設して連携しておくと

  • 証券口座への入金が不要
  • 普通預金金利が上がる
  • その他のサービスが受けられる
    • (例)楽天ポイント倍率UP
    • (例)SBIハイブリッド預金(金利UP)が使える

など後々便利です。

つみたてNISA口座を開設

申し込みする証券口座に「つみたてNISA」の開設申し込みも行いましょう。

「つみたてNISA」は1人1口座までなので、どちらで開設するか選択しなければなりません。

※こちらは開設にやや時間(1ヶ月程度)がかかります。

ワンポイント

つみたてNISAとは非課税口座のことです。

通常投資で得た利益(売却時や配当受取時)には約20%の税金がかかります。

つみたてNISAは毎年40万円までが20年間(トータル800万円が)非課税で運用できます。

資産の売却タイミングに縛りはない為、デメリットはありません。必ず開設しましょう。

投資商品はインデックスファンドを選択

口座が開設できたらいよいよ商品を選ぶ段階に入ります。

ここでは無難にインデックスファンドを選択しましょう。

インデックスファンドについては以下の記事を参考にしてください↓↓

商品を選ぶ時の注意点

商品を選ぶ時の注意点としては以下の通りです。

  • 購入時手数料が無料である
  • 信託報酬が安価である
  • 右肩上がりの相場が期待できる

購入時手数料とは販売会社に払う手数料のことで、投資資金とは別でかかる費用です。つみたてNISA対応商品であれば基本的に無料(ノーロード)のモノしかありませんのでその中から選びましょう。

信託報酬とはその投資信託を運用するのにかかる費用のことで、毎年資産の中から徴収されます。インデックスファンドであれば0.5%以上は高いと判断してOKです。

右肩上がりの相場が期待できる商品は過去の実績や今後の不安材料などを検討比較して選びましょう。

オススメ インデックスファンド

  • e MAXIS Slim 米国株式S&P500
  • 楽天全米株式
  • SBI.V全米株式
  • SBI全世界株式
  • e MAXIS Slim バランス8資産
信託報酬連動指数
直近10年
年平均リターン
コロナショック時の暴落率
e MAXIS Slim
米国株式S&P500
0.0968%11.7%32%
楽天全米株式0.162%11.8%32%
SBI.V全米株式0.0938%11.8%32%
SBI全世界株式0.1102%7.2%30%
e MAXIS Slim
バランス8資産
0.154%※4.5%23%
※ファンド誕生が2017年の為、8資産の平均値を採用

e MAXIS Slim米国株式S&P500は財務優良な米国企業約500社の株式に分散投資しており、5つのファンドの中では比較的投資対象を優良銘柄に厳選した商品です。

楽天全米株式SBI.V全米株式は米国の企業ほぼ全て(約3,800社)の株式に分散投資しており、S&P500を更に幅広く分散した商品です。※SBI.V全米株式はSBI証券でのみ購入が可能です。

SBI全世界株式は全世界の株式(約8,000社)に分散投資しており、株式分散投資商品の中では1番分散が効いている商品です。

e MAXIS Slimバランス8資産は株式だけでなく全世界の不動産や債券にも分散投資しており、5つのファンドの中で安全性は1番高い商品です。

ワンポイント

上記の直近10年の平均リターンと暴落率が示す通り分散が効いているほど値動きは小さくなります。

また直近10年は相場が好調だった為、今後の上昇率は少し割り引いて考えたほうが良いかと思います。例えば米国の直近20年の相場であれば年平均リターンは7%程度です。帳尻を合わせるなら今後向こう10年は年平均リターンが4~5%くらいになってもおかしくはないでしょう。

購入方法クレカ決済で毎月積立に設定

購入方法は毎月積立設定にしましょう。

毎月積立に設定にする理由

  • 高値掴みになるリスクを避けられる
  • クレカ決済分のポイントを毎月得る為
  • 毎月33,333円の非課税枠を有効活用する為

購入する時が未来に対して安値なのか高値なのかは誰にもわかりません。

もし高値で一括購入してしまったら利益が少なくなるかもしれません。積立購入はそういった高値で購入してしまうリスクを軽減してくれます。

ポイント還元率上限額
楽天カード
(楽天証券用)
1%5万円/月
三井住友カード
(SBI証券用)
キャンペーン中1.5%
終了後0.5%
5万円/月
クレカ決済ポイント還元率と上限額

クレカ決済が可能ということはポイントが貰えるということです。

「楽天カード」であれば1%ポイント還元の為、クレカ決済上限額の5万円分投資すれば毎月500ポイントが貰えます。

投資で1%の利益をあげようと思えば結構大変です。毎月確実に1%の利益が手に入ると考えたらクレカ決済を捨てて一括投資するリスクを取る必要はないでしょう。

つみたてNISAの非課税枠は年間40万円で1月あたり33,333円です。最初に100万円分一括で購入しても966,667円分には税金がかかります。

つまりクレカ決済上限やつみたてNISA枠を超える投資額はやや確定利益の効率が落ちるということになります。もちろん余剰資金があれば投資効率を上げる為一括投資も有りですが。※つみたてNISA枠を超える投資は「特定口座」で運用することをオススメします。証券会社が税金処理を行ってくれて楽です。

15年以上積み立てる

では取り崩し時期である15年後20年後を覗いてみましょう。

  • 毎月33,333円を
  • つみたてNISAで
  • クレカ決済にて
  • 年利5%で運用し

15年~20年積み立てた場合

15年後20年後
投資元本600万円800万円
資産額
(増加比率)
890万円
(+48%)
1,370万円
(+71%)
受取ポイント59,940pt79,920pt
積立資産のリターン想定

運用利回り「5%」というのは「全世界株式ファンド」や「米国株式ファンド」であれば決して不可能な数値ではないでしょう。

つまり上記の想定は誰がやっても可能な再現性の高い運用方法ということです。

将来のリターンの想定は下記の記事をご参照ください↓↓

15年以上積み立てる理由

株式投資の真相 15年以上投資した場合、マイナス運用にならない
出典:ウォール街のランダムウォーカー

過去のデータより15年以上運用すればマイナス収支になることはありません。

最低の15年間に投資しても+4.2%の収支になった実績があります。

もちろん未来は誰にもわかりませんが、1950年からの長期データである為信用性は高いデータで安心できます。

詳しくは下記の書籍を参考にしてください↓↓

株式投資の本質が記されている名著中の名著です。

最も大切なことは積立をやめないこと

前提として15年の投資期間を想定していますが、15年もあれば暴落を経験する時が必ず来ます。

米国株であれば

  • 同時多発テロショック時は-40%
  • リーマンショック時は-50%
  • コロナショック時は-30%

など直近20年だけでも大型暴落は複数回起きています。

こういった時は自分が貯めた資産がどんどん目減りしていきます。

むむ…もうやめてー

いや、むしろもう投資をやめよう

ダンボくん
ダンボくん

落ち着いてください。

資産を取り崩す時期がまだ先なら慌てて売ったりしないでください。

全世界や米国は今まで起こった全ての暴落から立ち直り最高値を更新してきた実績があります。

つまり暴落時期は安く購入できる絶好のチャンスなのです。今まで通り淡々と買い続けてください。

投資の成否の鍵は最初に決めた時期まで「やめないこと」に尽きます。

そして老後など最初に決めていた時期(ゴール)が訪れた際は一気に取り崩さず、少しずつ取り崩していきましょう。運用しながら取り崩す為、資産が枯渇する可能性がグッと低くなります。

詳しくは下記の書籍を参考にしてください↓↓

「投資の鉄則」が記されている私のお気に入り書籍の1つです。

これを見るたびに自分の投資方針を再確認させられます。

まとめ

投資の始め方と要点
  • 投資のリスクを確認する
  • 証券口座を開設する
    • 楽天証券orSBI証券ならクレカ決済が可能でオススメ
  • つみたてNISAを開設する
  • インデックスファンド
  • 毎月購入で15年以上積み立てる

投資を始めるにあたって不安が多い方はたくさんいます。従って投資に慣れるまでは”どんな値動きをするのかを確認する”という意味で少額からスタートすることをオススメします。

リスク許容度は人それぞれです。やっていく内に「これならもっとリスクが取れそう↑」「こんな値動きは耐えられないかも↓」という思いが出てきたら、現金との比率を見直していきましょう。

大切なことは「投資をやめない」ことです。是非投資を始めて自分に合った方法を見つけてください。

※本記事は特定の銘柄やファンドを推奨している訳ではありません。あくまでも投資は自己責任で行ってください

タイトルとURLをコピーしました